• トップ
  • 全国被災地こども支援 3.11基金

全国被災地こども支援 3.11基金


2011年の東日本大震災の発生を受け、ジャパンカインドネス協会は「東北3.11基金」を立ち上げ、岩手・宮城・福島で被災した子どもやその保護者を支援する活動に対し、累計2,500万円を超える支援を行ってきました。
10年目にあたる2021年を機に助成対象の範囲を見直し、東日本大震災限定とせず、全国の被災地も含めた「全国被災地こども支援 3.11基金」として再スタートします。

世界的にも類を見ない甚大な被害をもたらした東日本大震災を風化させないという思いから、3.11の名称を残しました。
詳細をご確認の上、ふるってご応募ください。

2022年 募集要項(終了しています)

助成対象

①東日本大震災の被災地(岩手、宮城、福島のいずれか)に拠点を置いている
②その他の被災地(気象庁が災害名称を定めた気象・震災が対象)
・地震による被害を受けた地域(2011年1月以降の被害)
・台風、豪雨による被害を受けた地域(2021年1月以降の被害)

 →①②のいずれかに該当し、さらに子どもの支援を行っている団体(子どもの居場所づくり、遊び場づくり、体験学習、学習支援など、子どもたちが自らの力で切り開いていける活動)

※法人格は問いません。ただし、次の団体は除きます。
国、地方自治体、反社会的団体、宗教法人、個人、営利目的とした株式会社、有限会社などの組織、趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に著しく偏る団体 

助成内容

【金 額】1団体あたり 上限30万円 (総額100万円)
【使 途】対象となる活動の事業費、人件費、管理費等
(※奨学金、生活費補助など、特定個人への金銭授与を主たる目的とする事業は対象外)
【期 間】2022年8月1日~2023年7月31日

応募方法と応募期間 下記「お申込み」フォームから、応募内容を申請してください。
折り返し、メールにて事務局から申請書類一式をお送りしますので、必要事項記入の上、下記締め切り日までにご返送ください。
【応募締め切り】2022年5月31日 17:00必着
審査方法 【審査方法】書類選考の他、聞き取り(電話やオンライン)を行う場合があります。
【審査基準】団体のミッションが明確かどうか/計画に妥当性があり、説得力があるか など
【審査結果の通知】7月上旬以降、メールにて審査結果を通知します。
※採否の理由などに関するお問い合わせには一切応じられません 
スケジュール 【応募受付】4月1日~5月31日17:00まで
【審査期間】6月1日~7月初旬
【結果通知】7月上旬以降
※スケジュールは変更されることがあります。
助成決定後の手続き等 ①ジャパン・カインドネス協会と「覚書」を取り交わし、所定の手続きを経て、完了後に振り込みます。
②採択された団体は、団体名・代表者名・活動内容・助成事業内容等、ジャパン・カインドネス協会のWEBサイトで公表します。
③インタビューや写真、動画の提供をお願いする事があります。
④2023年7月31日までに「終了報告」をご提出いただきます。

2022年 助成決定団体

助成決定団体 助成活動内容 助成金額
特定非営利活動法人
福島就労支援センター
避難者・貧困世帯の子ども向けオンライン無料学習支援事業 280,000円
ともだち・カワン・コミュニティ アフリカンリズムでつながる共生社会コミュニティ形成事業 300,000円
須賀川市スポーツ鬼ごっこ愛好会 須賀川市内児童クラブ等小学生に対する『スポーツ鬼ごっこ』の提供事業 130,000円
Youth for Ofunato 「未来を灯そう~越喜来2023~」 300,000円